副会長 後藤貴仁

職歴
住友不動産株式会社都市開発事業本部を経て、2008年より株式会社クロスリアルティコンサルタンツ代表取締役。事業拠点は、東京・横浜・甲府。
専門分野
不動産投資顧問(不動産投資顧問業 国土交通大臣一般第1152号)
不動産・証券・相続・空家・耕作放棄地・中心市街地などに対する、投資・分析・助言。
公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士・宅地建物取引士として、不動産取引全般。
当学会以外で所属する学会・団体
日本不動産学会 会員
ローカル・ガバナンス学会 会員
甲府市中心市街地まちづくり会議 委員
コスモス成年後見サポートセンター 会員
山梨県人会十士会 会員(理事 空家対策部会長)
山梨県相続成年後見協会 会員(代表理事)
長野県相続成年後見協会 会員(副代表理事)
国連支援交流協会 会員(支部事務次長)
著書等
『不動産仲介契約の研究』『管理会計と不動産』『新しい公共と協働-日本という国の形が変わった』『都市社会学-空家空地とまちづくり』ほか論文多数。
信条・趣味その他
2000年の地方分権一括法以降における特定非営利活動法人・自治会・県人会・同窓会などの中間領域を研究。行政書士として、不動産を核とした遺言執行・遺産分割・成年後見にも従事。高校時代からラグビーに親しみ、故郷山梨県にて仲間と醸造するラガーワイン(商願2016-74175)という酒類農産品の6次産業化を標榜しています。
当学会に対する想い
研修部会(研究大会実行委員会)として、情報発信とともに知識集積に尽力、また、甲信越ブロックとして、地方固有の問題と対峙したいと思慮します。約30年にわたる経験と実績を活かし、不動産関連の事案について各位の利便に資することができたら幸甚です。